「ちょっと」暇人な学生・レルハの日常。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点にして頂点

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

小学生の頃、僕は本を読むのが嫌いだった。

決して運動が得意だったわけでは無いけど、外に出て遊んでる方が好きだった。

 

ある時、僕の友達がこんなことを言った。

「読書だって楽しいぞ」、と。

 

その時、彼が勧めてくれた本、それが今回僕がプレゼントしたい本、

はやみねかおる夢水清志郎の事件簿

シリーズだ。

 

青い鳥文庫出版で、児童書だ。

児童書だ、と言ってこのシリーズを見逃すのは惜しい。惜しすぎる。

 

全てを決めるのは、この本、このシリーズを読んでからだ。

 

もう一度言う、これは児童書だ。

しかし、

この中身は、超本格的な謎解き、ミステリーなのだ。

 

児童書だからと言って決して手は抜かず、容赦無く不可解な謎を散りばめ、小学生でもわかるぐらいスカッと問題を解決させる。

 

僕はこの本に、この作者の本に虜になった。

 

それ以来僕はこの作者、はやみねかおるの作品を探しては読み、探しては読みを、繰り返した、そして全作品を読破した。

 

しかし、それでも僕は僕の原点–––この夢水清志郎の事件簿シリーズを読み続けている。

 

この本はきっといつまで経っても朽ちない、

いわゆる、原点にして頂点な本なのだから。

 

 

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)

そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト (講談社青い鳥文庫)